Tag Archives: Mac

Mac関連

STM32の書き込み環境

Mac OSX でSTM32の開発環境を構築してきましたが、どうしてもDFUを使った書き込みだけができません…

Macでコンパイルして生成したelfバイナリをWindowsに持って行き、STMicroのツールでDFUに転送するとちゃんと実行されるのでコンパイル環境は正常に構築できたようです。

また、前回最後に触れたdfu-utilも導入できたのですが、それをつかって書き込む方法がさっぱり分かりません。


sudo dfu-util -d 0110:1001 -a 0 -R -D $(TARGET).bin

というコマンドをLeaf LabsのMakefileに見つけたので以下のようにやってみたのですがダメでした…


sudo dfu-util -d 0483:df11 -a 0 -R -D main.bin

どなたかdfu-utilを使ってSTM32に書き込みをする方法を教えてください!

SnowLeopardにSTM32(Cortex-M3)の開発環境を構築

図書館で二時間時間を潰さないといけない状況になったので、なにかしようと思います。

そこで、最近無性にSTM32が使いたかったのでとりあえず開発環境でもを用意してみようかということで進めていきます。

今回は以下の二段構えになっています。

  • コンパイル環境の構築
  • 書き込み環境の構築

まず、前者についてはCortex M3開発環境 on Mac OS Xというページを参考にしました。

  • ARM用gccのインストール (Targetがarm-eabiのgcc)

ARM用のgccはSHやH8の時とはちがい、コンパイル済みのdevkitARMを利用します。このページからdevkitARMのOSXバージョンの最新版をダウンロードし、インストールします。

こいつはインストーラが無いので解凍してできたdevkitARMディレクトリを /usr/local/ ディレクトリにコピーしておきます。

そして、PATHを通すために~/.bash_profileファイルに(無ければ新規作成)

export PATH=$PATH:/usr/local/devkitARM/bin

という一行を加えておきます。
  • プロジェクトテンプレートの構築
次にSTM32のプログラムをコンパイルするためのプロジェクトのテンプレート(雛形)を作成します。
このディレクトリにSTMicroが用意してくれているSTM32のためのライブラリファイルや、リンカースクリプト、Makefile等を用意しておきます。新しくプログラムを作るときにはこのディレクトリのコピーを作成し、main.c等のユーザープログラムを書くだけでmakeコマンド一発でコンパイルできるようになります。
たぶんこれは二次配布可能だと思うので、圧縮したファイルを添付しておきます。問題があればコメントください。
このディレクトリはこのファイルでなくても、Strawberry LinuxのSTM32ボードであるSTBeeのサンプルプログラムでも構いません。
ただし、この場合には付属のMakefileの“arm-none-eabi”となっている所を全て”arm-eabi”に変更する必要があります。
以上でコンパイルまではできるようになりました。
次はDFUを使ってUSB経由で書き込みをするツールを用意します。dfu-utilというのを見つけたのでインストールしたいのですが、何故かコンパイルエラー。
ここで時間が来てしまったのでまた出来次第追記します。

SnowLeopardにH8とSHのクロスコンパイル環境の準備

Mac OSX 10.6 SnowLeopardでSHとH8のためのプログラムをコンパイルするためのGCCをコンパイルしました。

なかなか最初はうまくいきませんでしたが、いくつかオプションを指定することでうまくいきました。

基本的にクロスコンパイル環境はbinutilsをコンパイルし、その後にGCCをnewlibといっしょにコンパイルすることになります。

その前に、GCCのコンパイルにはGMPとMPFR及び、MPCをインストールしておく必要があります。

今回使ったバージョンは以下の通りです。

  • GMP 5.0.1
  • MPFR 2.4.2
  • MPC 0.8.1
  • binutils 2.20
  • newlib 1.18.0
  • gcc 4.5.0

これらが~/src/以下に展開されている状態である場合のコンパイル例が以下の通りです。SHとH8の違いはTargetがsh-elfかh8300-elfかの違いだけです。

また~/.bash_profileに以下の二行を追加しておきます。

export PATH=$PATH:/usr/local/sh/bin
export PATH=$PATH:/usr/local/h8/bin
以下はコンパイルしたときに実行したコマンドです。-disable-werrorを追加しないとコンパイルできませんでした。
これで/usr/local/h8以下と/usr/local/sh以下にそれぞれgcc等がインストールされるはずです。
2010年5月14日追記:newlibのコンパイルが抜けていたのを追加
$ cd ~/src
$ cd ./gmp-5.0.1
$ ./configure
$ make
$ sudo install
$ cd ../mpfr-2.4.2
$ ./configure
$ make
$ sudo install
$ cd ../mpc-0.8.1
$ ./configure
$ make
$ sudo install
$ cd ../gcc-4.5.0
$ ln -s ~/src/newlib-1.18.0/newlib ./
$ cd ../
$ mkdir h8-binutils
$ cd ./h8-binutils
$ ../binutils-2.20/configure –prefix=/usr/local/h8 –program-prefix=h8300-elf- –target=h8300-elf –disable-nls –disable-werror
$ CC=’cc -no-cpp-precomp’ CFLAGS=”-O2 -fomit-frame-pointer” make all
$ sudo make install
$ cd ../
$ mkdir h8-gcc
$ cd ./h8-gcc
$ ../gcc-4.5.0/configure –prefix=/usr/local/h8 –program-prefix=h8300-elf- –target=h8300-elf –with-newlib –enable-languages=c
$ CC=’cc -no-cpp-precomp’ CFLAGS=”-O2 -fomit-frame-pointer” make all
$ sudo make install
$ cd ../
$ mkdir h8-newlib
$ cd ./h8-newlib
$ ../newlib-1.18.0/configure –prefix=/usr/local/h8 –program-prefix=h8300-elf- –target=h8300-elf
$ make
$ sudo make install
$ cd ../
$ mkdir sh-binutils
$ cd ./sh-binutils
$ ../binutils-2.20/configure –prefix=/usr/local/sh –program-prefix=sh-elf- –target=sh-elf –disable-werror
$ CC=’cc -no-cpp-precomp’ CFLAGS=”-O2 -fomit-frame-pointer” make all
$ sudo make install
$ cd ../
$ mkdir sh-gcc
$ cd ./sh-gcc
$ ../gcc-4.5.0/configure –prefix=/usr/local/sh –program-prefix=sh-elf- –target=sh-elf –with-newlib –enable-languages=c
$ CC=’cc -no-cpp-precomp’ CFLAGS=”-O2 -fomit-frame-pointer” make all
$ sudo make install
$ cd ../
$ mkdir sh-newlib
$ cd ./sh-newlib
$ ../newlib-1.18.0/configure –prefix=/usr/local/sh –program-prefix=sh-elf- –target=sh-elf
$ make
$ sudo make install

Mac OS X Leopard Server で WordPress の自動アップデート

以前の記事で、WordPressでの自動アップデートを成功させるためには、FTP_BASEやFTP_CONTENT_DIRやFTP_PLUGIN_DIRを定義すればよいと記事に書きました。

が、その記事に書いた通りLinux(Debian)では正しく動作していたのにLeopard Serverにしてからうまく行かなくなっていました。

しかも「ディレクトリが見つかりません」というようなわかりやすいエラーではなく「ファイルをコピーできませんでした」というエラー…
表示されるパスには間違いはないし、パーミッションも777にしてみても(すでになっている)駄目。

ちなみに「ファイルをコピーできませんでした」というエラーはPHPがセーフモードで動いている場合によく出るそうですが、今回はセーフモードで動かしてはいません。

で、諦めていたのですが、いっそのことFTP_BASEやFTP_CONTENT_DIRやFTP_PLUGIN_DIRの定義をコメントアウト(削除)してみるとなんとすんなり成功。

(下部の追記参照)

ということで、セーフモードでもないのに「ファイルをコピーできませんでした」と言われた時は一度FTPのディレクトリ設定を削除してみるのも手かもしれません。

追記

どうやらCodexのFTP_BASE等の説明には「インストールした WordPress のベースフォルダへのフルパス。」と書いてあるので”サーバー内でのフルパス”だと思っていたのですが、少なくともOSXでは”FTPでアクセスした時のパス”が正しいようです。(OSの問題では無いようなな気もしますが)

Codexにも「FTPユーザとしてサーバ上にある各フォルダへのパスが分かっていれば…」とあるので”FTPでアクセスした時のパス”が正しいようです。

つまり「/Users/name/Sites/wp-content/」ではなくFTPから見た時のパスなので「/Sites/wp-content/」とするとFTP_BASE等を定義しても自動アップデートできました。

OSX Server 10.5.8 で PHP+GD

アップデートしたときにPHPのバージョンも変更(5.2.10)されていたことに気づかず、GDが入っていないPHPに置き換えられていたので再度PHPをGD付きでコンパイルしたのでメモ。

各ライブラリの今回利用したバージョンは以下の通り。

  • libpng 1.2.40
  • libjpeg jpeg-7
  • gd 2.0.35
  • php 5.2.10

PHPをMacでコンパイルするとlibiconv関係でリンク時にエラーが出る問題があるそうなのでext/iconv/iconv.cの196行目あたりを以下のように書き換えてからコンパイルに移ります。(参照:PHP Bugs: #49267: Linking fails for iconv: “Undefined symbols: _libiconv”)
Before

#ifdef HAVE_LIBICONV
#define iconv libiconv
#endif

After

#ifdef HAVE_LIBICONV
#define iconv iconv
#endif

実行した手順だけを載せます。

<code>
$ cd ~/Downloads/src/libpng-1.2.40
$ CFLAGS="-arch x86_64" CCFLAGS="-arch x86_64" CXXFLAGS="-arch x86_64" LDFLAGS="-arch x86_64" ./configure
$ make
$ sudo make install

$ cd ~/Downloads/src/gd-2.0.35
$ CFLAGS="-arch x86_64" ./configure
$ cp libtool ../jpeg-7/
$ cd ../jpeg-7/
$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp" CCFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" CXXFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" LDFLAGS="-arch x86_64 -bind_at_load" ./configure --enable-shared
$ make
$ sudo make install

$ cd ~/Downloads/src/gd-2.0.35
$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp" CCFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" CXXFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" LDFLAGS="-arch x86_64 -bind_at_load" ./configure --with-zlib-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr/local/lib --with-png-dir=/usr/X11R6 --with-freetype-dir=/usr/X11R6 --with-xpm-dir=/usr/X11R6
$ make
$ sudo make install

$ cd ~/Downloads/src/php-5.2.10
$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp" CCFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" CXXFLAGS="-arch x86_64 -g -Os -pipe" LDFLAGS="-arch x86_64 -bind_at_load" ./configure --prefix=/usr --mandir=/usr/share/man --infodir=/usr/share/info --disable-dependency-tracking --with-apxs2=/usr/sbin/apxs --with-ldap=/usr --with-kerberos=/usr --enable-cli --with-zlib-dir=/usr --enable-trans-sid --with-xml --enable-exif --enable-ftp --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-dbx --enable-sockets --with-iodbc=/usr --with-curl=/usr --with-config-file-path=/etc --sysconfdir=/private/etc --with-mysql-sock=/var/mysql --with-mysqli=/usr/bin/mysql_config --with-mysql=/usr --with-openssl --with-xmlrpc --with-xsl=/usr --without-pear --with-jpeg-dir=/usr/local --with-png-dir=/usr/local --with-freetype-dir=/usr/X11R6 --with-gd=/usr/local
$ make
$ make test
$ sudo make install
</code>

Snow Leopard

9月発売の予定を前倒しして28日に発売された新Mac OS X(10.6) Snow Leopardをインストールしました。

インストールまでの道のりとファーストインプレッションです。

Read more …

OSX Server 10.5.7 で PHP+GD

先日Mac OSX Server Leopard を更新してからWordPressでサムネイルが作成されなくなったなぁと思っていたのですが、アップデートの際に以前GDをServerにインストールしたときからPHPのバージョンが5.2.8に変更されていたのでまたGDのついていないPHPのバイナリに交換されてしまったようです。ということで、以前と同様にGDをインストールしました。方法は以前の「OSX Server 10.5 (64bit)でPHP+GD」を参照していただくとして、今回利用した各ライブラリのバージョンは以下の通りです。それをメモするだけなので日記ということで、適当な更新です。

  • PHP 5.2.8
  • libgd 2.0.35
  • libpng 1.2.37
  • libjpeg(jpeg v7)

コンパイル時にはいくつか注意点が…

Read more …

iTunesの曲に自動でふりがな登録

iTunesは日本語の曲名等の並び替えを正しく行うためにふりがなを登録できるようになっています。が、何千曲とあるライブラリに手作業での登録は大変です。アーティスト名ならまだしも曲名となれば大変です。

massiva/logic&mac tipsさんのソートiTunes!という記事でAppleScriptとテキストエディタのGUIを用いてiTunesの曲のアーティスト名のふりがな(アーティストの並べ替え)フィールドを自動で埋めるというスクリプトが紹介されています。ところが、安定して動作させるには待機時間を長くしないといけないのでちょっと遅いのです、これは漢字からひらがな変換にGUIを使っているからなのですが。具体的にはMac全体の処理速度が一瞬低下した場合ふりがなへの変換が終わる前に次の曲に進んでしまったりします。

そこで、オープンソースの形態素解析エンジンMeCabを利用してふりがなを生成する方法に改造することによって高速かつ安定した動作を実現しました。が、人名はことえりのほうが正確かも…

MeCabは前回の記事でインストール済みということで。

スクリプトエディタに以下のスクリプトを入力し、iTunesでふりがなを補完したい曲を選択した状態でスクリプトを実行するとふりがながまだ設定されていない曲のアーティスト名、曲名、アルバム名のふりがなが登録されていきます。

スクリプト

--確認ダイアログ
display dialog "ふりがなをふっていいですか" buttons {"NO", "OK"} default button 2
set button_a to button returned of result
if button_a = "OK" then


	--iTunesのスクリプト
	tell application "iTunes"
		try
			set name_list to {}
			set select_track to a reference to selection
			if select_track as list is {} then return
			repeat with i in select_track
				set end of name_list to i
			end repeat
			repeat with i in name_list
				--アーティスト
				set hurigana_text to sort artist of i
				if hurigana_text is "" then
					set original_text to artist of i
					set hurigana_text to my hurigana(original_text)
					set sort artist of i to hurigana_text
				end if


				--アルバム名
				set hurigana_text to sort album of i
				if hurigana_text is "" then
					set original_text to album of i
					set hurigana_text to my hurigana(original_text)
					set sort album of i to hurigana_text
				end if



				--曲名
				set hurigana_text to sort name of i
				if hurigana_text is "" then
					set original_text to name of i
					set hurigana_text to my hurigana(original_text)
					set sort name of i to hurigana_text
				end if


			end repeat
			display dialog "完了"
		on error
			display dialog "エラー発生" buttons {"OK"} default button 1
		end try
	end tell

end if

on hurigana(original_text)
	set mecab to "echo " & quoted form of original_text & " | /usr/local/bin/mecab -Oyomi "
	mecab as text
	do shell script mecab
	return katahira(result)
end hurigana


on katahira(original_text)
	set hiracase to "あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわゐゑをんぁぃぅぇぉがぎぐげござじずぜぞだぢづでどっぱぴぷぺぽばびぶべぼゃゅょ"
	set katacase to "アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヰヱヲンァィゥェォガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドッパピプペポバビブベボャュョ"

	set hiragana_text to characters of original_text
	repeat with char in hiragana_text
		set num to offset of char in katacase
		if num is not 0 then
			set contents of char to character num of hiracase
		end if
	end repeat

	return hiragana_text as text
end katahira

Mac OSX LeopardにMeCabをインストール

MeCab(和布蕪)とは

公式ページのお言葉を借りると。

MeCabは 京都大学情報学研究科−日本電信電話株式会社コミュニケーション科学基礎研究所 共同研究ユニットプロジェクトを通じて開発されたオープンソース 形態素解析エンジンです. 言語, 辞書,コーパスに依存しない汎用的な設計を 基本方針としています. パラメータの推定に Conditional Random Fields (CRF) を用 いており, ChaSenが採用している 隠れマルコフモデルに比べ性能が向上しています。また、平均的に ChaSenJumanKAKASIより高速に動作します. ちなみに和布蕪(めかぶ)は, 作者の好物です.

です。はい。今回は自動でiTunesのふりがなを補完したいためにインストールしました。

MeCab本体のインストール

公式サイトからソースをダウンロードしてきます。今回は「mecab-0.98pre3.tar.gz」を利用しました。

解凍したらターミナルを起動し、cdコマンドで解凍したフォルダに移動します。

で、あとは普通にconfigure、make、そしてsudo make install。


$ cd ~/Download/mecab-0.98pre3
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

そうすると、mecabというコマンドが使えるようになるはずです。まだ辞書が登録されていないので形態素解析はできませんが、バージョンを確認してみましょう。


$ mecab --version
mecab of 0.98pre3

正しくインストールできてそうです。

辞書のインストール

次に辞書をインストールします。公式サイトで推奨とされているIPA 辞書をインストールしてみます。「mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz」を今回は利用しました。本体と同じく解凍してターミナルからcdコマンドで解凍したディレクトリに移動します。
本体と同じくconfigure、makeなのですが、文字コードをUTF8にしたいのでconfigureにオプションを付けます。installはいりません。


$ ./configure --with-charset=utf8
$ make

試してみる

インストールできたので形態素解析を試してみます。

形態素解析

$ mecab
すもももももももものうち    //解析したい文を入力してEnter
すもも 名詞,一般,*,*,*,*,すもも,スモモ,スモモ
も 助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも 名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
も 助詞,係助詞,*,*,*,*,も,モ,モ
もも 名詞,一般,*,*,*,*,もも,モモ,モモ
の 助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
うち 名詞,非自立,副詞可能,*,*,*,うち,ウチ,ウチ
EOS

よみがな

$mecab -Oyomi
日本語は難しい。    //解析したい文を入力してEnter
ニホンゴハムズカシイ。

できてます。

コマンドラインで一気に解析する場合は例えば次のようにすればできます。シェルスクリプト等で結果を利用するのに便利かも。

$ echo "引数で文は渡せないのでパイプで渡す" | mecab -Oyomi

MeCabの利用法等は他のサイト等でいろいろ紹介されていますのでそちらを参考にしてください。

初めてのYouTubeへの投稿

せっかくビデオを作ったのでYouTubeにアップロードしてみました。

iMovieで制作したのでメニューから一発でYouTubeに投稿したためとっても手軽でした。

今回は説明なしということで…

ラッチ付きシフトレジスタ(74HC595)の実験

JMRIとPythonとセンサーで自動運転

ポイントデコーダの試作