OSX Server 10.5.7 で PHP+GD

先日Mac OSX Server Leopard を更新してからWordPressでサムネイルが作成されなくなったなぁと思っていたのですが、アップデートの際に以前GDをServerにインストールしたときからPHPのバージョンが5.2.8に変更されていたのでまたGDのついていないPHPのバイナリに交換されてしまったようです。ということで、以前と同様にGDをインストールしました。方法は以前の「OSX Server 10.5 (64bit)でPHP+GD」を参照していただくとして、今回利用した各ライブラリのバージョンは以下の通りです。それをメモするだけなので日記ということで、適当な更新です。

  • PHP 5.2.8
  • libgd 2.0.35
  • libpng 1.2.37
  • libjpeg(jpeg v7)

コンパイル時にはいくつか注意点が…

jpeg-6bではなくjpeg-7にディレクトリ名が変っていることに注意します。また、libjpegのconfigureの際に複数のアーキテクチャーの指定ができなくなったようなので以下のようにしました。

$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS=”-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp” CCFLAGS=”-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe” CXXFLAGS=”-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe” LDFLAGS=”-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -bind_at_load” ./configure –enable-shared

それに伴いlibgdのconfigureでも複数のアーキテクチャーを指定できませんので以下のようにします。

$ MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS=”-arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp” CCFLAGS=”-arch x86_64 -g -Os -pipe” CXXFLAGS=”-arch x86_64 -g -Os -pipe” LDFLAGS=”-arch x86_64 -bind_at_load” ./configure –with-zlib-dir=/usr –with-jpeg-dir=/usr/local/lib –with-png-dir=/usr/X11R6 –with-freetype-dir=/usr/X11R6 –with-xpm-dir=/usr/X11R6

phpのmake後にはmake testも実行しておきます。

これで無事GDが使えるようになりました。標準で組み込んでくれるといいのですが…

phpinfoで確認するとこのようになっています。

phpinfo(PHP+GD)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>