WordPressのパーマリンクの設定

パーマリンクの設定をこちらに書くのを忘れてました。
ということで書いておきます。

WordPressは標準で記事のアドレスが
「http://chibiegg.homeip.net/wordpress/?p=3」
のように番号だけになっています。これを
「http://chibiegg.homeip.net/wordpress/2007/11/10_213.htm」
のようにしたいと思います。これによって各記事が別のファイルと検索エンジンに認識され検索の対象になりやすくなります。

まず、wordpressのあるフォルダのパーミッションを777にします。

今回は「/home/www/chibiegg」がドキュメントルートで「/home/www/chibiegg/wordpress」にWordPressがあるとします。

<code>
$ su
# chmod 777 /home/www/chibiegg/wordpress/
</code>

次にWordPressの管理画面の「オプション」の「パーマリンク設定」を開きます。
ここで好きなようにファイル名を変更することができます。
既に選択肢にあるものを利用してもいいですし、「独自表記を以下の入力欄に記述」を使用して自由に決めることもできます。ここを
「/%year%/%monthnum%/%day%_%hour%_%post_id%.htm」
のようにすると
「/年(4桁)/月(2桁)/日付_時間_記事のID.html」となります。
ここには必ず「%post_id%」を含むようにします。
その他使用できるタグは

http://codex.xwd.jp/index.php/Using_Permalinks

を参照してください。

そして、「パーマリンク構造を更新」をクリックします。
上の方に「パーマリンク構造が更新されました。」が表示されればOK

しかしこれだけでは有効にならないためApache2の設定を変更します。
パーマリンクはApache2の拡張機能である「rewrite_module」と設定を追加する「.htaccess」を使用しているためこれを有効にします。
まずはrewrite_moduleを有効にします。

<code>
# a2enmod rewrite
# /etc/init.d/apache2 force-reload
</code>

次に「/etc/apache2/sites-available」内のサイトの設定を編集し「.htaccess」を有効にします。
編集するファイルは各自の状況にあわせてください。今回は「chibiegg-homeip」という設定ファイルを使用しているとします。

<code>
# vi /etc/apache2/sites-available/chibiegg-homeip
</code>

として設定ファイルをviエディタなどで開きます。
設定ファイルにすでに「/home/www/chibeigg/wordpress/」(ここも各自のWordPressの存在するフォルダに読み替えてください)についてのDirectory設定がある場合はその<Directry>の「AllowOverride None」を「AllowOverride All」に変更します。
「<Directory /home/www/chibiegg/>」
がない場合は以下のように追加しましょう。重要なのは「AllowOverride All」です。そのほかの部分は変更していただいても構いません。

<code>
&lt;Directory /home/www/chibiegg/&gt;
	Options -Indexes FollowSymLinks MultiViews
	AllowOverride All
	Order allow,deny
	Allow from all
&lt;/Directory&gt;
</code>

以上のように変更を保存します。
もう一度Apache2を再起動しましょう

<code>
# /etc/init.d/apache2 restart
</code>

確認方法としてはWordPressのトップページを開き何かの記事をクリック。
そのときのアドレスが正しく変更されていればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>