netatalk OpenSSL(LeopardでAFP)

Debianのインストールについてまだ書いていませんがちょっと大変だったnetatalkのOpenSSLを使用したMacOSX Leopardとのファイル共有を設定したいと思います。
今回は以下に記載した「Bugとの闘争」さんのページを参考にさせていただきました。(今回はIntel系のパソコンなので「PowerPC」ではなく「i386」に変更します。)

標準のクリアテキストパスワードのnetatalkではLeopardで接続できないらしく「暗号化されたパスワードで認証できるように」しようと思います。

suでrootになっておきます

$ su
# apt-get install libssl-dev
# apt-get build-dep netatalk
# mkdir /tmp/afp
# cd /tmp/afp

/tmp/afp# apt-get source netatalk
/tmp/afp# apt-get install cracklib-runtime
/tmp/afp# apt-get install cracklib2-dev

ここでlsでバージョンを調べておきます

/tmp/afp# ls
netatalk-2.0.3	netatalk_2.0.3-4.diff.gz  netatalk_2.0.3-4.dsc	netatalk_2.0.3.orig.tar.gz

この場合「netatalk-2.0.3」を今後使用します。

/tmp/afp# cd /tmp/afp/netatalk-2.0.3/debian
/tmp/afp/netatalk-2.0.3/debian# DEB_BUILD_OPTIONS="ssl debuild"
/tmp/afp/netatalk-2.0.3/debian# echo $DEB_BUILD_OPTIONS

これで「ssl debuild」が返ってくればOK

/tmp/afp/netatalk-2.0.3/debian# export DEB_BUILD_OPTIONS
/tmp/afp/netatalk-2.0.3/debian# cd ../
/tmp/afp/netatalk-2.0.3# dpkg-buildpackage -r

ちょっと時間がかかります。
一応既存のファイルの削除をしておきます。

/tmp/afp/netatalk-2.0.3# dpkg -r netatalk
/tmp/afp/netatalk-2.0.3# cd ../

ここでインストールする「deb」ファイルを確認します。

/tmp/afp# ls
netatalk-2.0.3  netatalk_2.0.3-4.dsc  netatalk_2.0.3-4_i386.deb
netatalk_2.0.3-4.diff.gz  netatalk_2.0.3-4_i386.changes  netatalk_2.0.3.orig.tar.gz

ということで「netatalk_2.0.3-4_i386.deb」です。

/tmp/afp# dpkg -i netatalk_2.0.3-4_i386.deb

「Starting AppleTalk services (this will take a while):」が表示されてしばらくすると、「atalkd papd afpd cnid_metad.」が出て起動できました。

設定はまた次回。

今回参考にさせていただいたホームページ
http://grid8.blogspot.com/2007/11/netatalk-openssl.html

One Comment

  1. HAT より:

    CJKパッチも入れてビルド出来ました。
    http://www003.upp.so-net.ne.jp/hat/netatalk/debian40.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>