STM32の書き込み環境

Mac OSX でSTM32の開発環境を構築してきましたが、どうしてもDFUを使った書き込みだけができません…

Macでコンパイルして生成したelfバイナリをWindowsに持って行き、STMicroのツールでDFUに転送するとちゃんと実行されるのでコンパイル環境は正常に構築できたようです。

また、前回最後に触れたdfu-utilも導入できたのですが、それをつかって書き込む方法がさっぱり分かりません。


sudo dfu-util -d 0110:1001 -a 0 -R -D $(TARGET).bin

というコマンドをLeaf LabsのMakefileに見つけたので以下のようにやってみたのですがダメでした…


sudo dfu-util -d 0483:df11 -a 0 -R -D main.bin

どなたかdfu-utilを使ってSTM32に書き込みをする方法を教えてください!

3 Comments

  1. tomo より:

    そこですよねー。
    Interfaceとかでは普通にクリアできるって書いてあるのに、、、
    USARTでは書き込みできたんですか?

    • chibiegg より:

      DFUつかってSTが用意してるWindows用のツールなら書き込みできたよ。
      あとJTAGならMac上のOpenOCDからいけた。

      けど…せっかくだからMacでDFU経由で書き込みしたい。

  2. こんにちは。ロボカップジュニアサッカーBに参加してる高校生です。

    http://zeroalpha0.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
    MacでDFUを利用したMacでの開発環境を作りました。

    dfu-utilを使って書き込めたのでお知らせします。
    僕は、以下のコマンドで正常に書き込めてます。
    dfu-util -a 0 -d 0x0483:0xdf11 –dfuse-address 0x08003000 -D main.bin

    0x0483:0xdf11のところは環境によって書き換えないといけないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>