Mac OS X Leopard Server で WordPress の自動アップデート

以前の記事で、WordPressでの自動アップデートを成功させるためには、FTP_BASEやFTP_CONTENT_DIRやFTP_PLUGIN_DIRを定義すればよいと記事に書きました。

が、その記事に書いた通りLinux(Debian)では正しく動作していたのにLeopard Serverにしてからうまく行かなくなっていました。

しかも「ディレクトリが見つかりません」というようなわかりやすいエラーではなく「ファイルをコピーできませんでした」というエラー…
表示されるパスには間違いはないし、パーミッションも777にしてみても(すでになっている)駄目。

ちなみに「ファイルをコピーできませんでした」というエラーはPHPがセーフモードで動いている場合によく出るそうですが、今回はセーフモードで動かしてはいません。

で、諦めていたのですが、いっそのことFTP_BASEやFTP_CONTENT_DIRやFTP_PLUGIN_DIRの定義をコメントアウト(削除)してみるとなんとすんなり成功。

(下部の追記参照)

ということで、セーフモードでもないのに「ファイルをコピーできませんでした」と言われた時は一度FTPのディレクトリ設定を削除してみるのも手かもしれません。

追記

どうやらCodexのFTP_BASE等の説明には「インストールした WordPress のベースフォルダへのフルパス。」と書いてあるので”サーバー内でのフルパス”だと思っていたのですが、少なくともOSXでは”FTPでアクセスした時のパス”が正しいようです。(OSの問題では無いようなな気もしますが)

Codexにも「FTPユーザとしてサーバ上にある各フォルダへのパスが分かっていれば…」とあるので”FTPでアクセスした時のパス”が正しいようです。

つまり「/Users/name/Sites/wp-content/」ではなくFTPから見た時のパスなので「/Sites/wp-content/」とするとFTP_BASE等を定義しても自動アップデートできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>