CAcertから証明書をもらおう!(番外編:ルート証明書のインストール)

前回言及した証明書警告をなくすにはブラウザ(あるいはOS)にCAcertのルート証明書がインストールされている必要があります。

今回はそのインストールの方法をOSX、Windowsの場合について解説します。
(念のため免責事項を…ルート証明書のインストールは自己責任でお願いします。)

Mac OSX Leopardの場合。(以前のバージョンでも一緒かな?)
http://www.cacert.org/index.php?id=3から「ルート証明書 (DER形式)」をダウンロードします。
root.der in Finder

そしてダウンロードした「root.der」をダブルクリックすると以下のようなダイアログが表示されます。
Leopard「証明書の追加」
ここで「証明書の表示」をクリックし、CAcertのページに書いてある「Fingerprint」と表示される「指紋」が一致しているか確認しておきましょう。
Leopardで表示される指紋
CAcertルート証明書の指紋 in キーチェーンアクセス
CAcertのサイトに書かれたFingerprint
CAcertルート証明書配布ページ

同じであると確認できたら「OK」をクリックします。
次にこの証明書を信頼するかというダイアログが表示されるので「常に信頼」を選択します。
証明書の信頼

ここではパスワードを聞かれるので入力してください。
これでCAcertにより証明されたサイトには警告が出なくなります。

Windows XPの場合
上記と同じCAcertのページから何でも良いのですが、今回はDER形式でダウンロードし、ダウンロードした証明書をダブルクリックします。
CAcertルート証明書保存フォルダ

次のような警告がでたら「開く」をクリックしてください。
ダウンロードしたファイルを開く際のセキュリティ警告

証明書を開くと「全般」タブが開いてますが、まずは本物かどうか確かめるため「詳細」タブを開きます。
そこに記載されている指紋(赤くかこったところ)がCAcertのサイトのFingerprintと一致するか確かめてから「全般」タブに戻り、「証明書のインストール」をクリックしてください。
証明書「詳細」タブ
証明書「詳細」タブ
証明書「全般」タブ
証明書「全般」タブ

まずウィザードのトップは何もすることはありません。次に進みます。
証明書インポートウィザード(1.開始)

証明書を保存する場所ですが、「証明書をすべて次のストアに配置する」を選び「参照」をクリックしてください。
証明書インポートウィザード(2.証明書ストア)

下の図を参考に「証明されたルート証明機関」を選択して次に進んでください。
証明書ストアの選択

最後に実行する内容を確認し、完了します。
証明書インポートウィザード(3.完了)

ここでも警告が表示されますが「はい」をクリックします。ここにも指紋は記載されています。
証明書インポート警告

「正しくインポートされました」と表示されれば完了です。
証明書インポート完了メッセージボックス

もう一度証明書を開き直すと最初はついていたバッテンが下のようになくなり信頼された証明書になります。
インストール後の証明書ウインドウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>