さくらのVPSでつくるHAクラスタ(その1)

ここ最近,Zabbixが動いてるサーバが止まって,障害がおきてることにすら気づかなかったり…,と冗長化しないとなぁと思うことが増えたので,Heartbeat + Pacemaker + DRBD + OCFS2 + LXC をつかってさくらのVPS二台で冗長化する構成を構築してみました.ほかのところでも使えると思うので,メモも兼ねて書いておこうと思います.

Pacemakerで管理するリソースは次のようになります.

  • LXCからインターネットに出る際のゲートウェイIPアドレス(仮想IPアドレス)
  • LXCにIPアドレスを配布するDHCPサーバとローカル用DNSサーバ(Dnsmasq)
  • DRBD
  • ファイルシステムOCFS2のマウント
  • LXCコンテナの起動

これだけ設定するとPacemakerのリソースモニタはこんな感じになります.

リソースモニタ

0 はじめに

これを実現するまでに,次の手順を踏みました.

  1. さくらのVPSを2台,同一リージョンで契約
  2. Ubuntuのインストール
  3. ローカル接続を使って2台のVPSを接続
  4. LXC用のブリッジインターフェースの作成と接続
  5. HeartbeatとPacemakerのセットアップ
  6. DRBDのセットアップ
  7. OCFS2のセットアップ
  8. LXCのセットアップ
  9. Dnsmasqのセットアップ
  10. アプリケーションの用途毎のコンテナの作成とNAPT等の設定

結構長くなると思うので,いくつかの記事にわけようと思います.

1 さくらのVPSの契約

まずはさくらのVPSを借りないと始まらないので,契約します.このときローカル接続するために同一リージョンで契約します.
また,データベース等,ディスクアクセスが多いアプリケーションを稼働させる場合にはSSDプランを選択したほうが良いと思います.

さくらのVPSプラン一覧

SSDプランの時点で石狩DC確定ですね.SSD 2Gプランを2台用意しました.

と,ここで出かける時間になったので続きはその2で.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>