nginxでSSL/TLSを使う

今回はSSL(https)を使えるようにするような設定をnginxにしてみようと思います。

証明書の取得

本来はSECOMやVeriSign等に有料で証明してもらうのですが、今回は以前にも紹介したCACertを載せときます。

ということで、証明書の取得は省略します。とりあえず、サーバーの秘密鍵 server.key と サーバーの証明書 server.cer が手に入った事にします。

nginxに設定

nginxでの設定は簡単で、既存の設定をコピーして、80番ではなく443番に変更し、SSLを有効にしてサーバーの鍵・証明書のファイルを指定してあげるだけです。

ちょっとその部分だけ書いてみます。

server {
	listen   443 default_server ssl;
	server_name	_;
	ssl_certificate /keys/server.cer;
	ssl_certificate_key /keys/server.key;

	location / {
		この辺は適当に
	}
}

リバースプロキシとしてnginxとして使っている場合も同様です。

名前ベースのバーチャルホストを使っている場合

ドメイン名を複数つかってバーチャルホストを使っている場合もあると思います。SSLではアクセスされたサーバー名がわかる前に証明書を渡さなければならないので、名前ベースのバーチャルホストでSSLは利用できませんでした。

が、SNI(Server Name Indication)というプロトコル拡張ができたので、名前ベースのバーチャルホストでも可能になりました。(ブラウザによっては対応してません)

設定は簡単で、httpと同じくserver_nameを設定するだけです。

リバースプロキシとして使っている場合は、証明書を変えるために、バーチャルホストの数だけServerディレクティブを作ってあげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>