Ubuntuでレンタルサーバ その2

前回に引き続き、今回はProFTPdをセットアップし、MySQLのテーブルに記録されたユーザー情報で認証できるようにします。

まずはProFTPdのセットアップから。proftpdをapt-getでinstallするとproftpdの設定画面が出ます。

ProFTPd セットアップ

ProFTPd セットアップ

固定IPではないのでIPマスカレードを利用しないといけませんが、そのためにもスタンダードアローンではなくinetd経由にします。

それでは /etc/proftpd/proftpd.conf を書き換えていきます。

  • ServerName を好きな文字列に
  • ListOptions を “-l” に “-la” に
  • PassivePorts をコメントアウトして ポート範囲を決定(デフォルトは49152 65534)
  • MasqueradeAddress を コメントアウトして hogehoge.net(ドメイン名)に
  • ServerIdent を off で追加
  • RootLogin を off に
  • DefaultRoot を ~ に
  • RequireValidShell を off に

ここまではMySQLによる認証は関係ありません。これからMySQLで認証するための設定を追記します。この部分は「にわか鯖管のメモ – ProFTPD ~ MySQL + quota 編 ~」をもとにというかそのまま。

注意点はmodule.confをいじったときは sudo /etc/init.d/proftpd reload をしないとだめってとこです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>