GCC4.3.3によるARMのクロスコンパイル

前回の記事でGMPとMPFRライブラリはインストールできたので、ARMのGCCクロスコンパイラを導入します。
Interface2008年11月号を参考にしています。
コンパイルディレクトリはソースディレクトリと同一で行うと次のようなエラーがでます。
Makefile:144: ../.././gcc/libgcc.mvars: No such file or directory
make[2]: *** No rule to make target `../.././gcc/libgcc.mvars'. Stop.
make[1]: *** [all-target-libgcc] Error 2
make: *** [all] Error 2

 

その点に注意して進めます。

$ tar jxvf gcc-4.3.3.tar.bz2
$ cd gcc-4.3.3
$ mkdir arm-elf
$ cd arm-elf
$ ../configure --prefix=/usr/local/arm-tools --target=arm-elf --with-gmp=/usr/local/gmp-4.2.4 --with-mpfr=/usr/local/mpfr-2.4.1 --enable-languages=c --disable-libssp
$ make
$ sudo make install

One Comment

  1. ひまじめ より:

    armクロス開発環境構築

    armクロス開発環境を、emdebianを使用して構築する方法を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>