LeopardにMPFRとGMPのインストール

OSX LeopardにARMクロスコンパイル環境の構築をしようと思い、GCCをインストールしようとしたのですが、MPFRとGMPをインストールするときにてこずったのでメモしておきます。

問題はCPUが64bitだったことでした。
GMPはオプションをつけずconfigureをかけると64bitモードでライブラリが生成されます。しかし、今のところMPFRは64bitに問題があるらしく両方を32bitにしなければいけません。そのときにつけるオプションが”ABI=32″でした。

このオプションをつけずにMPFRのcoufigureをすると、
checking for __gmpz_init in -lgmp... no
configure: error: libgmp not found or uses a different ABI.
Please read the INSTALL file -- see "In case of problem".

とエラーが出てしまいます。

以下の例ではprefixを指定していますが、指定しなくてもかまいません。

GMPのインストール
$ tar zxvf gmp-4.2.4.tar.gz
$ cd ./gmp-4.2.4
$ ./configure ABI=32 --prefix=/usr/local/gmp-4.2.4
$ make
$ make check
$ sudo make install
$ cd ../

MPFRのインストール
$ tar zxvf mpfr-2.3.2.tar.gz
$ cd mpfr-2.3.2
$ ./configure ABI=32 --prefix=/usr/local/mpfr-2.3.2 --with-gmp=/usr/local/gmp-4.2.4
$ make
$ make check
$ sudo make install

GCC(arm-elf)のコンパイルは別の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>