LeopardのAFPでクリアテキストを使用する

LeopardのAFPでクリアテキストを使用した接続ができなくなっているという問題がいろいろと話題になっているようですがLeopard側でクリアテキストを使用可能にする方法もあるそうです。
(サーバー側を対応させる方法)
速報4) AFPのクリアテキストパスワードを有効にする

簡単なことにコマンド一つで終わりです。
「アプリケーション」の中の「ユーティリティー」の「ターミナル」を開きます。
ターミナル

実行するコマンドは(特権は使わないほうが良いというコメントをいただきました。ご指摘ありがとうございます。sudoは必要ないかもしれませんが)

<code>
defaults write com.apple.AppleShareClient afp_cleartext_allow -bool yes
</code>

です。

逆に無効に戻す場合は

<code>
defaults write com.apple.AppleShareClient afp_cleartext_allow -bool no
</code>

です。設定を有効にするには再ログインをすればよいそうです。
申し訳ありませんが、残念ながら試す方法がないので確認はしていません。

One Comment

  1. HAT より:

    sudoするのは、マズいんじゃないかなあ。
    編集するファイルは、
    ~/Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient.plist
    すなわち一般ユーザのファイルです。
    sudoなんて特権を使ってはいけないのでは?

HAT にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>